OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
ゆったり味わいたい 大人のためのご褒美ランチ

秋の休日に楽しみたい、コースで味わう贅沢ランチ

いよいよ秋も終盤、“食欲の秋”を堪能しましたか?
グランフロント大阪で楽しむなら、時間をかけておいしい料理を味わうコース仕立てのランチがおすすめ。
落ち着いた空間や上質なソファ席もあり、ゆったり過ごしたい大人の休日にぴったりです。

お目当ての名物小籠包を、コースで贅沢に

Joe's Lunch Course
@JOE'S SHANGHAI, New York
/南館8F

おいしいもの好きの友人が絶賛するこちらのランチコース、特に休日は人気だそうで予約をして訪れました。
コースの料理は2種類の前菜、蟹肉入りと豚肉の小籠包、広東焼売など3種類の点心、大海老マヨソース、フカヒレもいただけるスペシャルな内容。
このお店の代名詞とも言えるのが、2種類の小籠包。一般的な小籠包の2倍ほどの大きさで、レンゲの代わりに四角い器に入れて食べるんです。お箸で皮を破ると、スープがジュワ~っと浸かるほど出てきます。
「つなぎなしの豚肉100%のコラーゲンスープですよ。濃厚な味わいがうちの小籠包の醍醐味です」と、スタッフさん。確かにスープが主役でした!Joe's Lunch Course 3,180円

コースの後半にはあの高級食材も

前菜と点心の後に登場するのが、サクサク大海老のマヨソースです。
プリプリの歯応えの大海老と、クリーミーな味わいのマヨネーズソースが相性抜群。
ご飯か麺が選べるフカヒレのあんかけは、白湯スープで煮込んであるのでとってもまろやか。女性には、フカヒレあんとよく絡む麺が人気だそう。
コースの最後は、杏仁豆腐などその日のおすすめのデザート。ボリュームのある内容ですが、変化のある料理の数々で、飽きることなく楽しめます。
スワロフスキーのシャンデリアや、ハイバックの円形ソファーなど、細部までこだわるインテリアも素敵!

よりカジュアルに楽しめるランチセットはどれが人気?

コース以外のランチセットは、選べるメイン料理にグリーンサラダと小籠包、デザートが付いていて、さながらプチコース。
メイン料理の人気メニューとしてスタッフさんがおすすめしてくれたのが、スパイシー麻辣豆腐と黒酢酢豚。
花椒の香りが食欲をそそる麻辣豆腐は、旨みを感じる辛さがやみつきに!リピートするファンも多いそうです。スパイシー麻辣豆腐セット1,650円
黒酢酢豚に入っている豚肉は、薄切りの豚バラ肉を巻いて俵型にして揚げることでサクサクした食感に。このお店ならではの上品な酢豚に感動しました。彩り野菜と根菜の黒酢酢豚セット1,780円
実はメニューにはのっていませんが、お土産用に販売しているフラワーティーも店内で楽しめます。ポットの中でゆっくりと花が開く姿がフォトジェニック!フラワーティー(イートイン)880円、(お土産用茶葉)500円(消費税8%込)

JOE'S SHANGHAI, New York
南館8F
☎06-6359-2880
NY、チャイナタウン発のモダンチャイニーズレストラン。国内では東京に2店舗あり、西日本で楽しめるのはグランフロント大阪のみ。6名~最大20名で利用できる個室もあり、特別な食事会や接待に重宝。週末のランチタイムは要予約(11:00〜、13:00〜の2部制)。

和牛も蟹も…な、冬だけの季節限定コース

黒毛和牛&ずわい蟹、牡蠣の贅沢ランチコース
@Bar Español LA BODEGA
/南館7F

開放感あるロケーションがお気に入りのスペイン料理店で、初めてコース料理をいただきました。
この秋から登場した季節限定のコースは、和歌山から直送の新鮮野菜をたっぷり使ったタパス盛り合わせから始まり、メインは黒毛和牛とイベリコ豚のグリル。アーモンドやパプリカを使ったロメスコソース、赤ワインのソース、塩で3通りの味わいが楽しめます。
パエリャには旬のずわい蟹や牡蠣のほかに、ムール貝、黒毛和牛の牛すじ煮込みなども入っていて、とにかく豪華。茹でた蟹肉がトッピングされているので、ずわい蟹の味がしっかり堪能できるのもポイントです。季節のデザートとドリンク付き。黒毛和牛&ずわい蟹、牡蠣の贅沢ランチコース2,640円(写真は2人分)

そろそろ恋しいグツグツあったかメニュー

こちらのお店で個人的にリピートしているのが、ブイヤベースのランチセット。
1人前でも鉄鍋でサーブされる、味わい深い魚介のスープです。魚は仕入れによって日替わりで、この日は肉厚なタラが入っていました!
サラダなど料理に使う野菜は国内最大規模の産直市場である和歌山・めっけもん広場から直送。新鮮な食材を存分に堪能できるんです。ブイヤベースランチ1,410円
スタッフさんのイチ押しメニューはアヒージョ。「ほとんどのお客さんがオーダーする名物メニューです。グツグツという音と香りで、提供時にはお客さんから歓声があがりますよ」。海老のアヒージョ860円

カヴァと楽しむスペイン式ランチ

スペインでは1日の食事のうちのメインが昼食で、時間をかけて昼食を楽しむ習慣があるそうです。
時間に余裕のある休日ランチなら、スペインマインドでワインと一緒にゆっくり楽しみたいですよね。
豊富にそろえるスペイン各地方のワインのなかでスタッフさんのおすすめは、スペインのスパークリングワイン、カヴァ。こちらにはオリジナルのカヴァが2種類あり、辛口なので食事にもよく合うんです。モリ・パレリャーダ720円
店内は見晴らしのいいテーブル席、テラス、カウンターと、席の種類もさまざま。コースを楽しむときは落ち着いて寛げるベンチシートが人気だそうです。

Bar Español LA BODEGA
南館7F
☎06-6485-7796
魚介をたっぷり使ったアンダルシア地方の海岸料理と、紀州直送の新鮮野菜のおいしさを楽しめるスペイン料理専門店。1番人気のパエリャは定番のほかに、月替りと季節限定があるので、いつ訪れてもいろいろな味が楽しめる。2020年7月からカヴァを含むオリジナルワインのテイクアウトも開始。

揚げたての創作串で、季節を味わう

旬の限定串Lunchコース
@揚八
/南館7F

大阪名物の串カツも、コース料理となるとちょっと特別感がありませんか?こちらでは丁寧に作られた創作串カツをコースで味わえるんです。
ランチコースでいただける串カツは、定番人気の具材から3本、季節の限定串から5本の計8本。お客さんの食べるペースに合わせて、揚げたてを数本ずつ出してくれます。
「旬食材を使った季節限定の串カツは、毎月アイデアを出し合って約150種類ほどの中から試作して決めるんですよ」と、スタッフさん。
11月にはマグロとアボカドのポキ風や、舞茸の蟹あんかけなどが登場。次はどんな食材の組み合わせかな、というコース料理ならではのワクワク感もたまりません。旬の限定串Lunchコース2,200円

定番の串カツの中でも人気はこの3本

揚八の定番の串カツは22種類。鶏むね肉のカレーソースや大根ブイヨン煮など、和洋ミックスのユニークな串もたくさんあります。
ランチコースにも入っている、特に人気の3本がこちら。和牛はステーキなどに使われることの多いランプの部位を使用。きめ細かくやわらかい赤身で、上品な味わいです。ソースが合いますが、お好みでカラシも。
アスパラをまるまる1本使ったアスパラの豚肉巻は、その長さにも驚きます。マヨネーズでシンプルにいただきました。
海老の紫蘇巻は、爽やかな紫蘇の余韻が楽しめる1本。だし醤油かブレンド塩がおすすめだそう。
コースには、サラダとご飯、味噌汁、アイスが付いています。

串カツに合うワインはソムリエにおまかせ

こちらのお店には、ソムリエと利き酒師の資格を持つスタッフさんがいるんです。
「和牛や鴨といった濃厚な串なら、しっかりめのフルボディの赤ワインを。揚げ物と好相性な日本酒は、口の中をさっぱりさせてくれる冷酒を飲まれる方が多いですね」。スタッフさんのアドバイスを聞きながら、創作串カツとのペアリングも楽しみたいな。
グラスワインや地酒は、月替わりのものなどいろいろな銘柄が登場するそう。グラスワイン550円~、ボトル3,080円~、日本酒660円~
半個室のような落ち着いた席もおすすめですが、1人でゆっくりランチなら目の前で揚げてくれるカウンター席も臨場感があって人気です。

揚八
南館7F
☎06-6485-7784
アゲハ蝶のようなふんわり軽い口当たりの串カツが自慢の専門店。牛乳や白ワインを使って毎朝店で手作りしているオリジナルレシピの衣と、動物性の揚げ油がふんわりサクサク食感の秘密。ランチの予約は不可なので、早めの来店がベター。

※11月3日時点での情報でございます。
※価格につきましては、税込み表記の場合には特に記載のない限り消費税10%にて記載しております。
※店内飲食とテイクアウトでは税率が異なります。詳細につきましては、各店舗までお問い合わせください。

この記事で紹介した店舗