OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
トレンドカラーを先取り! 春色コーデ

グリーンにピンク、春はカラフルな色が着たい

今年の春は、いつもより明るい色が店頭に並んでいるような♪
気になるトレンドカラーと、新作アイテムをいち早くチェックしてきました。

着るだけで気分まで華やぐグリーンのドレス

ドロストオーバードレス
@BEAMS HOUSE
/南館2F

まずは、モデルの亜希さんのインスタグラムを見て気になっていたワンピースをチェックしにこちらへ。
BEAMSと亜希さんがタッグを組んだブランド、AK+1(エーケー ワン)は、梅田エリアではこちらのお店だけの展開です。
発色の良いコットンシルクをふんだんに使った贅沢なワンピースは、フロントのドローコードでシルエットを変えて楽しめる今季のトレンドカラーを使った一枚。「ネイビーブルーとブラックの3色展開ですが、やはり今季らしいグリーンが人気。今季ならパイソンのバッグで辛口にまとめるのがおすすめですよ」と、スタッフさん。スッキリとしたラインや、広すぎないVネックなど、一枚で着映えするポイントが詰まっています。ドロストオーバードレス37,400円/AK+1、パイソンバケツショルダーバッグ25,300円/MARCO MASI

AK+1の春の新作と定番もチェック

今季で9シーズン目を迎えるAK+1。
おすすめのボリューム袖のブラウスは、先シーズン人気のあったデザインですが、今季は透け感のある素材でアップデート。ディスプレイのようにスカートにインしても素敵ですし、同じ素材でスカートもあるのでセットアップとしても着られます。ペーパークロスブラウス23,100円
定番もいくつかあって、こちらのパーカーはコンパクトなフードの立ち上がり具合など、ディレクターの亜希さんのこだわりが随所に。ジャケットやトレンチのインに着てもゴワつかない細身なシルエットです。裏毛ラグランパーカー19,800円/共にAK+1

春カラーのアイテムや小物も続々入荷中

今季はオレンジやピンク、グリーンなど明るめのカラーに注目が集まっていますが、シームレスで着やすく、毎年人気のLETROYES(ルトロワ)の定番カーディガンからトレンドズバリなこの3色がDemi-Luxe BEAMSの別注で登場。カーディガン各23,100円/LETROYES
ほかにも気になった、CINOHのラップ風スカート。イタリアLYRIA社のチェック柄で別注したエクスクルーシブモデルだそうで、「ざっくりニットやシンプルな白Tシャツでチェック柄を主役にした着こなしがおすすめ」。スカート47,300円、ノースリーブTシャツ11,000円、フードブルゾン60,500円/以上CINOH
小物で色を取り入れるならスカーフ。毎シーズンコレクターも多いMANIPURIの新作はボタニカル柄。巻きやすい小さめのサイズです。スカーフ13,200円/共にMANIPURI

BEAMS HOUSE
南館2F
☎06-6359-3451
BEAMSの中でも、上質で品格のある大人なスタイルを提案するショップ。レディースでは、洗練されたオフィススタイルを得意とするデミルクス ビームスをメインに、国内外からの旬なブランドもセレクト。

甘いピンクのブラウスをテイストミックスで

コットンレースブラウス
@ISABEL MARANT ÉTOILE
/南館1F

今季は、モロッコとロシアがテーマとあって繊細で異国ムードあふれるアイテムが並ぶISABEL MARANT ÉTOILE。
ひと目惚れしたのは、くすみピンクのレースブラウス。首から胸元にかけて種類が違うレースを使ったロマンティックなデザインで、袖のボリュームやバックシルエットなど、どの角度から見ても美しいんです。
ボトムはあえてオーバーサイズのブラックデニムをあわせて、テイストミックスにするのが、こちらのブランドらしい着こなし方。
同じデザインでも白と黒の色違いなら、また違った雰囲気に。コットンレースブラウス各51,700円、デニムパンツ62,700円/共にISABEL MARANT ÉTOILE、スタッズ付きミニバッグ81,400円/ISABEL MARANT

オリジナル柄のブラウスが豊富にラインアップ

こちらのブランドで、この春、ぜひ着こなしに取り入れたいのがブラウス。
なかでも上質なインド綿のブラウスは、伝統的なブロックプリントや線画タッチのものなど、かなり充実。スタンドカラーが定番だけど、今季はレースやフリル、ボリューム袖などフェミニンなディテールを取り入れたデザインが際立っています。パープルのノーカラーブラウス29,700円、袖ボリュームブラウス39,600円、プリントノーカラーブラウス29,700円
ディスプレイのような、ブラウスにオーバーサイズのアウター、ボディバッグを合わせたメンズライクなコーディネートも素敵。ストライプブラウス42,900円/すべてISABEL MARANT ÉTOILE

一点投入でおしゃれ偏差値が上がるアイテム

昨シーズンから人気のスウェット。今季は、「marant」のロゴマークをフロッキープリントで部分的に剥がれたようなユーズド加工に。旬のネオンピンクとミントグリーンは争奪戦になりそう。スウェットMOBY各35,200円/ISABEL MARANT ÉTOILE
グレーをベースにピンクとオレンジを効かせたスニーカーは、あのひと目惚れのブラウスやワンピースに合わせたいな。スニーカー86,900円/ISABEL MARANT
実はアクセサリーもファンが多い人気アイテム。定番のリングセットはシンプルで合わせやすく、重ね付けにぴったり。リング5個セット13,200円〜、ブレスレット12,100円〜/共にISABEL MARANT

ISABEL MARANT ÉTOILE
南館1F
☎06-6375-0412
イザベル マランのエッセンスはそのままに、よりフレッシュで親しみやすいセカンドラインとして1999年よりスタート。今季は、力強いシルエットやネオンカラーなど、'80年代のムードを感じるアイテムも数多くラインナップ。天井が高く、余白を贅沢に使ったアートギャラリーのような空間も魅力。

キレイめスタイルが決まる、くすみ系グリーンのワンピース

オープンカラーコクーンワンピース
@styling/
/南館2F

こちらのブランドは人気のスタイリストさんが手掛けるとあって、トレンド感だけでなく大人の女性がきれいに見えるテクニックが随所に。
このシャツワンピースは、丸く2枚仕立てになった幅広の袖や、高めのウエスト位置で結ぶベルトなど、ゆったりシルエットにメリハリを効かせるデザイン。くすみ系のミントグリーンも絶妙なカラーで、色違いのタイル柄も存在感抜群。ひび割れたような線が入ったタイル柄はオリジナルの柄だそう。
まだ寒い春先は、ライダースジャケットを羽織ってカッコよく着こなしたいな。オープンカラーコクーンワンピース各42,900円、ライダースジャケット74,800円/すべてstyling/

シルエットにこだわった細やかなディテールに注目

この春はドレスのバリエーションが豊富。白のシャツドレスはスカート部分がポイント。マーメイド風シルエットの切り替えや、さりげないスリットで、動くほどにアシンメトリーな裾がきれいに揺れます。ドレスシャツワンピース24,200円
丸みのある愛らしいシルエットのバルーンスカートは、サラッとTシャツと合わせるだけでおしゃれ度が上がるアイテム。パンツと重ねると新しいバランスに。バルーンスカート28,600円
着心地のいいリブニットワンピは、後ろだけにボタンの付いたバックスタイルに注目。ボタンを開けると大人の肌見せに。リブニットワンピース26,400円/すべてstyling/

かぶらないオケージョンスタイルを探すなら!

こちらのドレスやスカートは、行事やちょっとしたパーティーにもおすすめ。シンプルだけど個性もあるから、人とは違ったスタイルに仕上がります。ボリューム袖のワンピースは、大胆に開いた背中と後ろだけ施したタックで、バックスタイルまで印象的に。タックスリーブワンピース29,700円
そのほか、オーガンジーを使ったラップ風のプリーツスカートなど、ほかにはないデザインばかり。オーガンザプリーツスカート26,400円
ピンクのバックジップがポイントのレースドレスは、人気アナウンサーが着用した反響で即完売になったそう。店頭に無くても再販売が決定したので問い合わせてみて。バックジップレースドレス39,600円/すべてstyling/

styling/
南館2F
☎06-6467-8425
スタイリスト白幡啓さんがディレクターを務めるブランド。今季は“白夜”をテーマに、透け感や光沢ある素材を多用してドラマチックに表現。日本の素材しか使わないこだわりがあり、異素材の組み合わせやオリジナルプリントにも定評あり。

※3月3日時点での価格(税込み表記の場合には特に記載のない限り消費税10%にて記載)でございます。

この記事で紹介した店舗