OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
今季はローテクな気分! 春のスニーカー選び

今季のスニーカーはスタンダード&レトロが再燃中

ここ数年のスニーカーブームで、毎シーズン新しい一足を購入する人も多いのでは?
昨年は厚めソールのハイテク系が多かったけれど、この春はローテクスニーカーに注目が集まっています。
早速チェックしてきました。

1970年代の名スニーカーを再現!

WLC100 AA
@New Balance
/南館5F

まずは、安定感のある履き心地で定評があるニューバランスへ。
新作なのにどこか懐かしいこちらのスニーカーは、1978年に初のレース用のシューズとして登場した「COMP100」というモデルが原型。
ぷっくり立体的な「N」マーク、履き口のタンラベルのデザイン、さらに箱まで'70年代らしい雰囲気を忠実に再現。
スエードとナイロンの異素材使いも惹かれます。ブルーグレーとネイビーの配色は、ワークやミリタリー系のコーデと相性が良さそう。
色違いでメタルカラーとブラックのオールレザーもあって、ガラリと印象が変わるけれど、これもまたカッコいいんです。
WLC100 AA11,000円

3Dスキャンで自分の足の特徴を数値化

お店のサービスでぜひ試して欲しいのが、足を立体的に計測する3Dスキャン(無料)。
枠の中に靴下か裸足の状態で直立すると、約10秒で計測が完了します。タブレットに転送された結果を説明してもらうと、「おすすめはレディスなら24.5~25cmですね」と、なんと自分の思っているサイズよりも大きめでした。
さらにアーチが低く扁平足気味で外反母趾の傾向とのこと。結果をふまえて、スタッフさんおすすめの「996」シリーズを試着してみると…。クッション性が高くて立体的に支えるPUインソールで包み込まれるような履き心地に感動!
CM996 PST 16,280円

スポーツウエアはもちろん、普段使いできるアパレルも

ゆったり広めの店内には、スニーカー以外のアイテムもたくさん。
ランニングウエアのコーナーで目を引いたのは、桜の花びらのグラフィックが華やかな新作「SAKURA PACK」。超軽量のウィンドブレーカーはかなり鮮やかなピンクと淡い色合いの2色展開。ランナーには明るい色が人気だそう。
スポーツウエア以外にも、普段遣いできるアイテムがかなり充実していました。新作が入荷したらチェックしなくちゃ。
ライトパッカブルジャケット11,990円

New Balance
南館5F
☎06-6131-5835
米・ボストンで矯正靴のメーカーとして1906年創業。直営店のこちらでは、ランニングシューズをメインにキッズやアパレルも展開。人気のメイドインUSAとUKのシューズラインも扱う。モデルによってはインソール交換のサービスも実施(有料)。

春らしいコットン素材で足もとに軽やかさを

ヘブンリー マラソン
@PATRICK LABO
/南館4F

昨年はボリュームのあるハイテクデザインのスニーカーをよく履いていたけれど、この春はクラシックなデザインが気になってこちらのお店に。
ちょうど人気モデル、マラソンの新作が入荷していました。「アッパーにヘブンリーコットンという毛羽立ちにくい上質な超長綿を使っています」と、スタッフさん。確かにナイロンの光沢感とは違って軽やかな印象。
ちなみにマラソンはモデル名で競技用ではありませんが、かかとの巻き上げとつま先の反り上がりで、体重移動が自然にできてラクに歩けるんです。
ヘブンリー マラソン各16,500円

子ども用限定カラーや、復刻シューズはお早めに

ブランドの看板スニーカーのマラソンは、トリコロールなど定番カラーのほかに、毎シーズン新色が登場。
カラーの名前のつけ方がとってもユニークで、昨年は“ネギ”や“梅”といった日本の食べ物からつけられたんだとか。今年はオリンピックにちなんだ名称を予定しているそう。マラソン14,300円~、キッズ6,380円、ジュニア8,580円
ほかにも、ブランド日本上陸40周年を記念した限定シューズも。第1弾は、サッカー選手ミシェル プラティニの愛用シューズだった'80年代の名品リバプールを本国のフランス製造で復刻(通常版は日本製)。ほかにも2006年に販売していたサッカースパイク「VIENNE」の復刻モデルなど、PATRICKのサッカーファン待望のシューズが登場しています。
(写真・手前)フランス製リバプール アンフィールド30,800円、(中)日本製のアール・リバプール15,400円、(奥)ヴィエンヌ・ターフ 15,400円

スタッフ全員愛用の隠れた人気スニーカー

スタッフさんのお気に入りシューズを聞いてみると、即答でおすすめしてくれたのがパンチというテニスシューズがモチーフのモデル。「革がやわらかく、本当に履きやすいんです。ソールに天然ゴムを多めに使っているので屈曲性も抜群です」。
試着させてもらうと確かにグイッとソールがしなって気持ち良く歩けます。パンチ(14)18,700円
最後にスニーカーのケアの仕方も教えてもらいました。「汚れ落としと艶出しのレザーローションと防水スプレー、この2つがあれば普段遣いには万全です」。防水は最低2~3週間に1回、マメにすると汚れ防止に!レザーローション1,320円、防水スプレー2,200円

PATRICK LABO
南館 4F
☎06-6467-8330
今季のテーマは「ペンタズック」。ペンタ=5は五輪、ズック=古めかしいシューズを意味し、パトリックと関わりのある5大競技をイメージした新作が月ごとに入荷予定。どこか懐かしいクラシカルなフォルムやカラーリングにも注目。

メンズ好みな合わせやすく普遍的なデザイン

ジャーマン ミリタリー トレーナー1700L
@OVER THE CENTURY
/北館1F

お気に入りのセレクトショップで前から気になっていたミリタリー系のスニーカーをチェックしに。
ジャーマントレーナーは’70年代のドイツ軍トレーニングシューズを、日本のブランドが当時と同じディテールと製法で復刻させたもの。合わせやすそうで、飽きのこない普遍的なデザインです。
今はメンズのみだけど、レディスはベルクロタイプなどが3月中に入荷予定。
ジャーマン ミリタリー トレーナー1700L 23,980円/リプロダクション オブ ファウンド

スニーカー以外にも気になるシューズを発見

スニーカーを探していたら、すごく素敵な革靴を見つけてしまいました。
見るからに上質そうで形が美しいフラットシューズは、フォートという国内ブランド。聞いてみると、私も財布を愛用しているエンダースキーマの元メンバーが立ち上げたブランドだそうで、どこか無機質なデザインに惹かれます。
マットな質感のカーフレザーのパンプスは、特徴的なセンターシームやアッパーと共巻きの円柱ヒールなど、上品なのにギミックが満載です。
Vバレエ38,500円、ヒールソフトバレエ53,900円/共にフォート

春夏の新作ウエアもチェック

ここに来ると初めて知る国内ブランドも多いので季節ごとにチェックしています。
やや光沢ある生地のオーバーオールはブラームス。ノーカラーシャツと合わせたコーディネートはぜひ真似したいかわいさ!
オーバーオール50,600円/ブラームス、ブラウス39,600円/サイ
ほかにも着方のアレンジが楽しそうなフード付きシャツや、フォーマルなデザインが新鮮なブザムシャツなど、今季は白シャツのバリエーションが豊富です。
フーデッドシャツドレス42,900円/アール ジュビリー、半袖シャツ31,900円/チノ
高品質な素材と天然石を使ったジュエリーブランド・ララガンも並びます。存在感もあって程よく華やかなデザインが素敵。

OVER THE CENTURY
北館1F
☎06-6292-5288
コンセプトは「あくまで普遍的で、デイリーユースで活きる服を」。ドメスティックが充実で、人気ブランドから新進気鋭のデザイナーまでバランス良くセレクト。あえてメンズのサイズ感で着る女性も多いというのもメンズとレディスの複合店ならでは。

※1月31日時点での価格(税込み表記の場合には特に記載のない限り消費税10%にて記載)でございます。

この記事で紹介した店舗