OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
友達にあげたい、 クリスマスのプチギフト

今年1年の「ありがとう」をサプライズギフトで

今年のクリスマスプレゼント、もう選びはじめていますか?
彼へのプレゼントとはちょっと趣向を変えて選びたいのが友達へのギフト。
「これ好きかも?」だったり、私が興味あるものだったり、サプライズ的なアイテムを探すのもいいですよね。
今年も楽しみながら選んでみました。

好きな香りを選ぶのが楽しい、限定コフレ

クリスマスコフレ
@AUX PARADIS
/南館3F

このシーズン、必ずチェックするコフレ。
オゥパラディのクリスマスコフレは、定番のハンドクリームとオードパルファム、非売品のローズキャンドルがかわいいギフトボックスにイン。
ハンドクリームは5種類から、オードパルファムは9種類からそれぞれ好きな香りをセレクト。顔を思い浮かべなから選ぶのが楽しいんです。ハンドクリームは、やわらかいテクスチャーでべたつかず肌にすっとなじむ人気商品。
ローズキャンドルの甘い香りの余韻がすごく気に入ったので、ハンドクリームもローズにしようかな。ハンドクリームとオードパルファムは、あえて別々の香りを選んでも◎。
クリスマスコフレ4,290円(オードパルファム15ml、ハンドクリーム30g、ローズキャンドル25g、なくなり次第終了)

冬限定の香りも気になります

オゥパラディの代名詞的な香りといえば花を思わせるやや甘めの香り「フルール」ですが、
冬限定で登場する「ウィンターベリー」の香りもおすすめ。柑橘系の爽やかさと程よい甘さがつけていて心地いいんです。
オードパルファムを単品で購入すると、かわいいブック型のギフトボックスに入れてプレゼントすることも(別途220円)。
スタッフさんの肌がとてもキレイだったので、お気に入りをこっそりきいてみると「サボテンオイルは手放せません!」とのこと。
メイク前に一滴、フェイシャルオイルとして使うとファンデーションののりが全然違うとか。試してみたいな。
オードパルファム ウィンターベリー15ml 2,860円、30ml 3,960円(60mlのレフィルもあり)、サボテンオイル10ml 4,400円

イラストもかわいい♡ロバのミルクシリーズ

お店でふと目に止まったのがこのかわいいロバのパッケージ。日本ではロバミルクはめずらしいけど、フランスでは昔からフレッシュなロバのミルクが保湿のために使われていたとか。
オゥパラディでは石けんやボディミルク、バスミルクがあり、はちみつやアルガンオイル入りなど種類も豊富。
テスターのボディミルクを使ってみると、肌に浸透して時間がたってもしっとり感が長続きしました♪
こちらのお店はギフトのラッピングもナチュラルで素敵。誕生日や結婚祝いなど目的にあったタグを付けてくれて、そのデザインもセンスがいいんです。
ボディミルク200ml 3,080円、ロバミルク石鹸 プレーン100g 1,870円


AUX PARADIS
南館3F
☎06-6359-1876
日本発のフレグランス&スキンケアブランド。できる限り天然素材を使ったアイテムは、日本人の肌や好みに合わせて作られていて、季節ごとに限定の香りが登場。界面活性剤を使わないなど、素材にもこだわりが。ベビーシリーズもあり、出産祝いにも人気。

悩めるときに心に響く言葉が詰まってます

『きっと明日はいい日になる』
@紀伊國屋書店
/南館6F

インスタで見て気になっていた本を発見!
この本は、筆者の田口久人さんが毎日欠かさずインスタグラムにアップしていた詩が話題になり、書籍化されたもの。
「離れよう」「本当の友達」「考えすぎない」など、読めば読むほど心に響く!だれにでも当てはまる経験や思いが綴られていて、スーッと心に入ってきます。中にはウルッとくるものも…。
なかなか会えない友達とか、上手く声をかけてあげられない友達に、クリスマスなら贈れるかな。
『きっと明日はいい日になる』田口 久人著1,375円/PHP研究所 

ママになった友達にぴったりな絵本見つけた!

ママになった友達へのギフトにいいかも、と思いたって立ち寄ってみた絵本コーナー。
大人の絵本が流行ったけれど、子どもの絵本もまた奥が深いですね。『ころべばいいのに』は、ヨシタケシンスケさんの“発想えほん”シリーズの新刊。子どもの頭の中を覗くような、目からウロコの発想力のユニークさに読み入ってしまいます。
『いっさいはん』は、1歳半の子どもの“あるある”行動をまとめたもの。子どもじゃなくママが大ウケできる&ほっこりできる絵本です。
クリスマスにちなんだ絵本のコーナーもあるのでチェックしてみて。
『いっさいはん』minchi著 1,320円/岩崎書店、『ころべばいいのに』ヨシタケシンスケ著1,540円/ブロンズ新社

私も一緒にやってみたいから付録本をプレゼント

少し路線を変えたギフトなら、付録ムック本はいかが?たとえば編み物ムックなら1冊に材料から道具まですべて入っているから、初めてでもすぐ始められる手軽さ。教室に通うのはハードル高いけど、ちょっとコレで試してみない?と、友達にプレゼントしてみるのもおもしろいかも。
紀伊國屋書店は、座って読めるスペースもあるからじっくり選べるのも嬉しい。人気漫画の複製原稿展のコーナーも隠れた人気なんだって。
『カレイドフレーム手作りキット』2,640円/ブティック社

紀伊國屋書店
南館 6F
☎06-7730-8451
幅広いジャンルを網羅する大型書店。作家やタレントを招いてのサイン会やトークイベントも定期的に開催。著者自ら本の紹介をする館内放送は、来店時に録音されたレアな肉声。チャイムが鳴ったら耳を傾けてみて。

今年のクリスマスケーキは大人っぽく濃厚に…

プラリネ
@Addict Chocolate Fabien Berteau
/南館B1

最近のクリスマスパーティーでは、あえてホールではなく個々で食べたいケーキを持ち寄ることも多いとか。
ということで、今年のケーキは、11月1日にオープンしたばかりのここのケーキに決定!
フランスのベストパティシエの受賞歴もあるファビアン・ベルトー氏が手掛ける日本初出店のお店で、そのケーキはなんとチョコレートの”チーズケーキ“。4種類ある中でミルクチョコが好きなら「プラリネ」がおすすめ。深みのあるクリームチーズとプラリネの食感が、ミルクチョコの優しい甘さを引き立てていて、芳醇な香りが口の中に広がります。
プラリネ700円(テイクアウトのみ)

パッケージまでかわいいからギフトにぴったり

お店は南館B1のうめきたセラーを入ってすぐの正面。パッと目を引くポップなイラストやお店のロゴは、大阪出身の人気イラストレーターnatsu yamaguchiさんのもの。なんとカウンターの絵はご本人の手描きだそう。
ドリンクのカップもケーキのボックスもこのイラストになっていて、捨てるのがもったいないかわいさなんです。
マスキングテープやスマホケースなどオリジナルのグッズも販売。ケーキとセットでプレゼントにしてもいいかな。
マスキングテープ1,000円、スマホケース(iPhone XS)3,500円

すぐに食べたい、充実のチョコメニュー

チョコレートケーキはテイクアウトだけれど、ソフトクリームやパフェなど、その場ですぐに食べられるメニューも。
迷ったらまずはチョコレート専門店ならではのショコラショを。ベースとなるチョコレートの産地と濃度、ミルクの種類、トッピング、エスプーマなどを自分好みにカスタマイズできるんです!
今回は甘いのが飲みたかったので、ホワイトチョコと濃いめのミルクのドリンクをベースに、ダークチョコレートのエスプーマとメレンゲ&ココアパウダーをトッピング。
ドリンクのほかにもパフェもあって、キャラメルソースやレモンシロップ、クリームチーズのエスプーマなど、いろんな味や食感が楽しめます。
デコレ ショコラショ450円~(写真の組合わせは600円)、アディクトパフェ トラディショナルチーズケーキ1,000円

Addict Chocolate Fabien Berteau
南館 B1
☎06-6485-8744
「チョコレートとチーズの新しい世界観を楽しむ」をコンセプトにしたチョコレート専門店。12月10日からは、サンタのベルトをモチーフにしたクリスマス限定ケーキが登場予定。2020年春までの期間限定ショップ。

※11月29日時点での価格(税込み表記の場合には消費税10%にて記載)でございます。
※店内飲食とテイクアウトでは税率が異なります。詳細につきましては、各店舗までお問い合わせください。

この記事で紹介した店舗