OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
いつものコーデをワンランクアップ!冬の格上げアイテム

一点投入でもれなく今っぽくなるアイテムが欲しい!

冬のコーデはアウターも靴もスタンダードな色を選びがちで、気付けばいつもワンパターン。
そこで一点取り入れるだけで「今っぽい」と印象付ける格上げアイテムをリサーチしてきました。

着こなしをモードに格上げしてくれる美しいブーツ

編み上げショートブーツ
@Edition
/南館2F

細身のスクエアトゥに編み上げを施したブーツは、Mame kurogouchiという国内ブランド。
イッセイミヤケで経験を積んだ黒河内真衣子氏が2010年にスタートしたブランドで、凝ったテキスタイルや素材遣いが本当に素敵なんです。関西でも厳選されたセレクトショップでしか展開がなく、人気アイテムは毎シーズン争奪戦になるほど注目されています。
このブーツ、実は、今季のパリコレのランウェイでもいろんなスタイルに合わされていたもの。シンプルなコーデにもパンチのあるコーデにもしっくりなじみつつ、存在感も抜群。何より足がキレイに見えるんです。
ショートブーツ69,300円/Mame kurogouchi

今っぽく見せるなら、差し色は明るめを選んで

すぐに使える格上げコーデのテクニックと言えば「差し色」。ベーシックカラーに1色加えるだけでパッと華やぎます。
エディションの今季いち押しカラーのひとつはグリーンで、トレンドのジャケットに原色のノーカラーシャツを合わせたり、小物ならミニバッグで取り入れるのも効果的!
ほかにも、フルラインナップが揃うアクネストゥディオズの今季は、ストールやニットがかなりカラフル。今なら種類も豊富なので、ちょっと早いけどギフトにも使えそうだな…♪
ノーカラーシャツ24,200円/エディション、バッグ(ブラック)25,300円、(グリーン)38,500円/共にアエタ

一着で格上げ確実!エディションだけの別注アウター

服好きのツボを刺激するのは、コラボや別注アイテム。
今季で5シーズン目を迎えるエディション×ハイクの別注は、エコファーとキルティングのリバーシブルコートを着丈を短めにリサイズ。
チェスターコートはザ リラクスの別注で、オーバーサイズでウール素材だけど、着心地が軽やかなんです。
ザ リラクスは、ほかにもブラックのモッズコートもあります。
ファーコート86,900円/ハイク×エディション、チェスターコート75,900円/ザ リラクス×エディション

Edition
南館2F
☎06-6359-3770
勢いのあるハイブランドから新進気鋭のデザイナーまで、独自の視点で国内外からセレクト。なかでもメゾン マルジェラやオフホワイトは関西屈指の品揃え。今季はオリジナル、別注共にセットアップスタイルをフィーチャー。

強くて軽くて環境に優しいバッグでコーデをバージョンアップ

ヨットロープバッグ
@CABANE de ZUCCa
/南館4F

最近よく耳にする「サスティナブル」という言葉。「持続可能な」という意味で、ファッション業界でもそういった自然環境に配慮した流れがトレンドにも影響しているんです。
このバッグは、まさにサスティナブルという言葉がぴったり。ボディの素材は、革製品を作る時に出るかけらを最先端の技術で再生させた英国LEATHER PLUSのリサイクルレザー。素材感は、ほぼ本革に近く、軽くてお手入れも簡単なんです!環境に優しいアイテムをコーデにプラスするのも、格上げになるんじゃないかな。
ヨットロープバッグ(大)25,300円、(小)20,900円/ZUCCa

指名買いが多いバッグや小物は必ずチェック

服のデザインは無地が多く、どちらかというとシルエットが特徴的なブランドだから、小物は遊び心あるデザインが多いんです。
今季は、フロントのバックルが印象的なバックルバッグに、PVC(塩化ビニル)を使用したホリデーコレクションが登場。ポップなクリアカラーがコーデのアクセントに。11月下旬からは新作でエコファーバージョンも登場予定です。
バックルバッグ14,300円~/ZUCCa

オーバーサイズ×小物のベストバランス

今季のテーマは「レトロとコンテンポラリーの融合」。最先端テクノロジーから生まれた機能素材をクラシカルなデザインに落とし込んだり、シンプルな着こなしの中にもハイブリッドな要素が盛り込まれています。
ZUCCaらしいゆったりとしたシルエットに、柄のストールやエコ素材のバッグで表情豊かに。首もとにボリュームを持たせてアクセントにバッグを使うこのコーデは、この冬ぜひ真似したいな。
ほかにも、スタッズ付きのシューズやカラフルなソックスなど、コーデのポイントになるアイテムが揃っています。
チェックストール25,300円、スタッズシューズ35,200円、ファーソックス3,850円/すべてZUCCa

CABANE de ZUCCa
南館4F
☎06-6485-7576
メンズとレディース、時計やバッグなどの服飾雑貨まで揃うZUCCaの複合ショップ。この冬はリサイクルウールを使ったライダースブルゾンや機能性素材を使ったフーデットダウンなど、快適な着心地を追求したアウターが豊富に。

アクセ感覚で取り入れたい“おしゃれ伊達メガネ”

サーモントシートメタル
@JINS
/南館4F

私が最近よく使っている、伊達メガネ。
メイクの時間がない時や顔色がさえない時…にも重宝するんですが、アクセや帽子みたいにコーデの一部として楽しんでいます。
メガネにもトレンドがあって、スタッフさんによると「この秋冬は線が細めのメタルフレームが豊富です」とのこと。
このセルとメタルのコンビデザインのサーモント型も、ここまで細いとスタイリッシュ!チェスターコートやジャケットと合わせて知的にまとめたいな。
サーモントシートメタル8,800円/JINS(レンズ代込)

関西で一番充実のフラッグシップショップ

ここのJINSは、フルラインナップがそろう関西の旗艦店。最近は、アーティストや雑誌など、幅広いジャンルとのコラボものが充実。
このリバティとのコラボは、テンプルの内側だけにリバティ柄がデザインされていて主張しすぎないからオフィスでも使えて、ケースがリバティ柄というのも気分が上がります(ケースとメガネ拭きはなくなり次第終了)。
ほかに気になったのは、軽くて丈夫なAirframe設計と今どきなデザインを組み合わせた「Fashion×Function」シリーズ。めちゃくちゃ軽くて本当にかけているのを忘れそうです。
サングラスも、秋冬用に欲しいな。と思って探していたら、なんと3,300円から買えるんです。
JINS×LIBERTY 8,800円、Fashion×Functionシリーズ13,200円/すべてJINS(レンズ代込)

選び方、使い方もいろいろ。進化系メガネも

お店で発見したのが、タブレットを使ってのパーソナルカラー診断。肌のトーンや顔の形を認識させて、自動的に似合う色やフレームの形を提案してくれるんです!3Dバーチャル試着もできて選ぶのが楽しくなります。
そして、驚いたのが、スマホとメガネを連動させた「JINS MEME」。メガネ内にセンサーが付いていて、例えば仕事の集中パターンを計測できたり、運転で眠くなったらアラーム気付かせてくれたり。メガネで心の状態まで分かっちゃうなんて、すごい時代が来ましたよね。

JINS
南館4F
☎06-6359-1278
人気のコラボモデルなど、JINSのフルラインがそろう関西の旗艦店。ほかにもファッション性の高い「JINS CLASSIC」や、マグネット式の着脱でサングラスにもなる「JINS Switch」など、オリジナルのメガネが常時約1,400~1,500本が揃う。すべてレンズ代込価格でケース付き。

※11月19日時点での価格(税込み表記の場合には消費税10%にて記載)でございます。

この記事で紹介した店舗