OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
最旬秋カラーの 着こなし活用術

着るだけで今年っぽくなる、トレンドカラーのアイテムって?

9月は残暑が厳しかったけれど、10月になってファッションも秋モードにシフト。
今年は、トレンドの秋カラーを取り入れた大人コーデにチャレンジしたいけど、どんなアイテムを買ったらいい?
スタッフさんの着こなしも参考にしながら、ショップクルーズしてきました。

秋のブルーを引きたてるトラッドなジャケット

ピークドジャケット
@GALLARDAGALANTE
/南館2F

今季大注目のトレンドアイテム、トラッドなジャケット。長く着られるものがいいなと思ってたところ見つけたのがこちら。
上質なウール素材に金ボタン、マニッシュになりすぎないよう計算されたシルエット…、と理想的です。このベーシックなアイテムを今年らしく着こなすにはやっぱり秋カラーとのコーデ!ブルーはブランドの今季のテーマカラーのひとつで、スタッフさんのデニムのセットアップ×ジャケットの着こなしはシンプルなのに新鮮です。ブルーがジャケットの黒でキリッと引き締まります。
ピークドジャケット46,200円、シャツ24,200円、スカート24,200円/すべてガリャルダガランテ

どんな色やアイテムを合わせるのが今年っぽい?

このジャケットは、トラッドなチェック柄と合わせたり、甘めのワンピースでハズしたり着回し自在。
裏地は注目カラーのボルドーだから、袖口をロールアップするだけで秋らしくなります。
足もとはヒールブーツを。アクセントになる色のバッグや靴を合わせるのも、華やぎ感が出るからおすすめ。落ち着いた印象になりがちな秋カラーだから、こういう技はぜひ真似したいな。コンパクトめなシルエットだから、真冬はコートなどアウターを羽織ることもできます。
バッグ110,000円/ザネラート、ミドルブーツ40,700円/ガリャルダガランテ

ブルーやパープルで仕上げる“オータムマリン”を提案

GALLARDAGALANTEでは、ブルーやパープル、グレーを基調とした着こなしや、トラッドを組み合わせた“オータムマリン”のスタイルを提案。アクセサリーはブルー系ならシルバー、ブラウン系ならゴールドが好相性。デンマークのジュエリーブランド、マリア ブラックは、手持ちのものとも重ね付けしやすい。
また、秋カラーでジャケットを取り入れるなら、こんなマスタードのノーカラーも素敵。肩掛けしてもドレープ感がきれいなとろみのある素材なんです。
ピアス7,700円~/マリア ブラック、ジャケット31,900円/ガリャルダガランテ

GALLARDAGALANTE
/南館2F
☎06-6485-7761
今季のテーマは、「DAY IN LONDON」。月ごとにロンドンの街並みをイメージした色使いやスタイリングを提案。10月はウォーターフロントの街、ワーフをテーマにしたマリントラッドスタイル。ニット×ニットのレイヤードやボーダーアイテムなどが並ぶ。

ボルドーのスーツをハンサムに着こなす

ダブルブレストジャケット・ワイドパンツ
@LOVELESS Sunny Side Floor
/南館2F

スタッフさんが着用していたボルドーのセットアップが本当にかっこよくて。
秋カラーの本命ともいえるボルドーは、フェミニンなアイテムではなく、マニッシュなスーツスタイルというのがこのブランドらしい。ジャケットは、袖口をロールアップするとトラッドなストライプがのぞくデザインで、手首を見せて抜け感を出すのが◎。
センタープレスのワイドパンツもボルドーというだけで旬度がUP。「ゆるめのニットを合わせてラフに着てもかわいいですよ」とスタッフさん。もちろん、それぞれ単品使いもOKです。
ジャケット47,300円、ワイドパンツ19,800円/すべてラブレス

トレンドカラーに合わせたい新作をチェック

スパンコール刺しゅうのニットや、異素材使いのスカートなど星モチーフのアイテムがずらり。
そして、一着でいろんな秋カラーを楽しめるブロッキングのトレンチコートを発見。着方のアレンジで何通りも楽しめるんです。
新作ではないけれど、定番のラムレザーのジャケットは、余計な装飾やベルトを減らした潔いデザイン。ボルドーのワイドパンツとも好相性です。
カーディガン16,500円、スカート19,800円、ブロッキングトレンチコート53,900円、ラムレザージャケット80,300円/すべてラブレス

トレンドカラーと個性派アクセで、こなれ感のあるコーデに

ここでしか買えないコラボが多いのも魅力ですが、バイヤーがセレクトするスニーカーや雑貨もセンスがいいんです。
今季のレディースのナイキは、淡いパープルがキーカラーのエアマックス。
バンドリヤーのiPhoneケースはPOPUPで人気だったため、通常でも展開するようになったとか。関西でこれだけの種類がそろうのはめずらしいそう。斜めがけできるストラップとカード類が収納できるポケット付き。ストラップはチェーンやスタッズ付きなどいろんなデザインがあり、アクセ感覚で服とコーディネートできます。
「エアマックス98」19,800円、「エアマックスライト」15,400円/共にNIKE、iPhoneケース11,880円~/BANDOLIER

LOVELESS Sunny Side Floor
/南館2F
☎06-6485-8166
昨年10月にオープンしたセレクトショップ、ラブレスの新業態。「MODE and CLEAN」をキーワードに、オリジナルと国内外の旬なブランドで構成。オリジナルはオフィスにも使えるキレイめなデザインも充実していて、メンズもあるのでカップルで訪れるのもおすすめ。

コートの狙い目は、ベージュ×チェックの最旬配色

ボンディングコート
@FURFUR
/南館2F

ブラウンやベージュのコートを探していて、ちょっと人と違ったデザインがいいなと思っていたところに見つけたのがこちら。
ベージュのツイルとチェック生地を貼り合わせたハリのある素材が、羽織るだけでキレイな立体感を生み出してくれます。同じ素材のスカートは、なんとリバーシブル仕様。セットアップで着たいな。
ボンディングコート53,900円、リバーシブルタイトスカート30,250円/共にFURFUR

FURFURといえばニット!毎シーズン買い足すファンも多い人気アイテム

今季はモードとフェミニン、どちらかで好みが分かれそう。
モードな配色のニットは、パッチワークや片方だけに入ったスリットなどデザインが利いています。ピッチを変えたリブや赤のステッチがアクセント。
大きめのケーブル編みを施したローゲージカーデは、淡いカラーリングが素敵。あと、毎年人気なのが甘いモヘアのロングカーデ。今季は、ピンクもライトブルーも明るいパステルではなく、くすんだ色合いが大人な雰囲気です。
パッチワークセーター18,700円、手編みケーブルカーディガン23,100円、手編みモヘアカーディガン20,350円、レーシーモヘアカーディガン18,700円/すべてFURFUR

シーズンテーマでガラリと変わる小物をチェック!

毎シーズンテーマに沿って、小物までガラリと雰囲気が変わるのもFURFURの特徴。しかもすべてオリジナル。
今季は「人の二面性」がテーマ。配色のコントラストや裏地に使われるステッチなど、細かなディテールで表現しています。
このバッグも一見シンプルなスムース素材のバッグだけど、後ろと内側はフラワーのジャカード素材。
アクセサリーは、ほかにはない個性的なデザインが豊富なのでいつもチェックしています。
ワンハンドルバッグ19,800円、ツイストピアス5,500円、ミラーボールイヤリング6,600円/すべてFURFUR

FURFUR
/南館 2F
☎06-6147-9920
「Feminine mode wears」がコンセプトのドメスティックブランド。今季は色もデザインもグッとモード寄りなコレクション。MA1のディテールを取り入れたドッキングデザインやリバーシブルニットなどさまざまな“二面性”を楽しんで。

※10月8日時点での価格(税込み表記の場合には消費税10%にて記載)でございます。

この記事で紹介した店舗