OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
人気ショップスタッフがリコメンド! 頼れる冬アウター

お出かけにも、ちょっとご近所にも。毎日活躍のアウターをチェック

いつまで暖かい日が続くの?なんて思っていたら、初秋の涼しさをすっ飛ばし、一気に寒さがやってきた今日この頃。
冬本番を迎える前にアウター探しにショップ巡りへ。どの店も新作が出そろっていて目移りしっぱなしです。

着るだけで様になるドレスのようなテントシルエット

ジロンラムメルトンコート
@ebure
/南館1F

ebureはコートからスタートしたブランドだけに、コートを探すなら外せません。
ショップに入ってまず目にとまったのがジロンラムメルトンコート。上質なウールを高密度に仕上げたメルトン生地で着心地抜群。裾に向かって広がるシルエットでフロントを閉じて着ればドレスのように美しく、着映えも叶います。フードは取り外し可能で、シンプルに着ることができるのもうれしい。メルトン生地を使ったアウターはほかに、フード付きのパーカー風やオーバーシャツ風もあり。色もキャメルとネイビーがあり、迷ってしまいます。
ジロンラムメルトンコート121,000円、フード付きパーカー61,600円、オーバーシャツ83,600円/すべてebure

軽くて暖かい、アルパカ100%に注目

バサッと無造作に羽織るだけで大人っぽく上品に決まるロング丈のコートを得意とするebure。
オーバーシルエットのボタンレスなドルマンスリーブトレンチコートやストールを巻いているように首もとにボリュームのあるショールカラーのロングコートはまさにebureらしいデザインです。やわらかなアルパカ素材を使い、ボリュームシルエットも軽やかな印象です。コートと同素材のロングスカートも展開されていて、コートとスカートをセットアップにした新鮮な着こなしにもトライしてみたい。
ピュアアルパカ ドルマントレンチコート176,000円、ショールカラーロングコート165,000円、スカート69,300円/すべてebure

素材を活かしたデザインを多彩に展開

ebureのコートコレクションは、素材の美しさを引き出すようにデザインが考えられているのが特徴。
素材ありきで、デザイン違い、色違いを展開しています。「スーパー120’sは毎年登場する定番の素材なんですよ」と、スタッフさん。今季はステンカラー、ノーカラー、ピーコート風のショート丈と3型あり、カラーはダークネイビー、アイボリー、ライトベージュの3色展開。ウール素材なのに、カシミヤのようになめらかで光沢があり、ずーっと触れていたくなる気持ち良さです。
スーパー120’s ステンカラーコート132,000円、ショートコート、ノーカラーコート各108,900円/すべてebure

ebure
南館1F
☎06-6136-3858
「さらに人生を楽しむという気持ちを掻き立てる服」をコンセプトに、素材本来の美しさと洗練されたデザインを創り出すブランド。2016年にコート10型からスタートしたブランドであり、コートは特に素材、デザイン、色の組み合わせのバリエーションが豊富。

シーンや洋服を選ばず活躍する相棒コートに決定

ウールアンゴラテーラードコート
@ evam eva
/南館4F

スタッフさんの今季イチオシコートは、ウールアンゴラ生地のテーラード。
ドロップショルダーのゆったりシルエットを、テーラードカラーや袖口のタブなどマニッシュなディテールで引き締めて。カジュアルにもキレイめスタイルにも合い、シーズンを通して活躍しそう。ウールにアンゴラを混ぜた糸を使用した軽くなめらかな生地で、デザイン違いでノーカラーもあり。茶色を帯びたオターグレーとブルーグレー、スミと3色どれも使いやすそう。
ウールアンゴラテーラードコート各79,200円、ノーカラーコート各71,500円/共にevam eva

大切に着たい、上質ニットに出合えます

evam evaはニット会社から生まれたブランドであり、こちらのニットは一度袖を通すと、手放せなくなる心地よさです。
セーターはハイゲージが多いイメージでしたが、新作にざっくり編まれたローゲージタートルが登場していました。アルパカウールのVネックプルオーバーは同素材のスヌードを合わせれば、タートルっぽく楽しむことも。カシミヤセーブルプルオーバーは、カシミヤに毛足の長いセーブルを混ぜ、驚くほどやわらかで、空気をたっぷり含み、身体をしっかりと温めてくれます。
ローゲージタートル26,400円、アルパカウールVネックプルオーバー25,300円、アルパカウールスヌード13,200円、カシミヤセーブルプルオーバー51,700円/すべてevam eva

自分にはもちろん、ギフトにも喜ばれる小物たち

着ること、肌に触れることで豊かな気持ちとなり、心地よい一日を過ごせる。
そんなものづくりを大切にしているブランドなので、ソックスなどの小物類は、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。カシミヤのスヌードや手袋は毎冬登場する定番アイテムだそう。スヌードは首もとにゆるりと巻けば、見た目も着心地もぬくぬく度が高まります。レザーのバッグはキュッと絞って使える巾着デザインに一目惚れ。長めのひもは肩掛けするほか、結んで手に持ってもかわいい。
カシミヤループストール17,600円、カシミヤグローブ14,300円、カシミヤアームウォーマー13,200円、モスステッチソックス、リブソックス各2,420円、ドローストリングバッグ29,700円/すべてevam eva

evam eva
南館4F
☎06-6372-3339
見て心地よく、触れて気持ち良い、着る人に寄り添うシンプルなものづくりを大切にする。上質な天然素材を生かしたシンプルで飽きのこないデザインと、繊細なカラーバリエーションで、大人の普段着をラインアップ。レディス、メンズのほか、タオルや衣類のケア用品など、暮らしまわりのアイテムも展開。

ニットやアウターに重ね、長いシーズン大活躍

フーデッドケープ
@ SHIPS
/南館3F

品揃え豊富なセレクトショップで、この冬のトレンドをチェック。
大きな千鳥柄がかわいいコートを発見!と、思ったら、なんとケープ。サッと羽織るだけでオシャレに決まり、フロントのホックを留めればよりアウターライクに着こなせます。二枚仕立ての身頃やフード付きのディテールで後ろ姿までかわいい。今シーズン注目のケープやポンチョ。このケープは程よく肉厚の生地で暖かく、ニットやスエットなどトップスにはもちろん、アウターにさらに重ねたり、真冬まで使えるのがうれしい。
フーデッドケープ92,400円/MIOSMOKEY

今年のコートは脱ベーシックで攻めてみる

「この秋冬はデザインで魅せるコートが充実しています」と、スタッフさん。
SEEALLのコートはスカーフが付いていて、印象を変えて楽しむことも。スカーフをあえて同素材・同色にすることで、すっきり大人っぽく決まります。冬のテッパン、ダウンジャケットも洗練デザインが見つかります。F/CE.のダウンジャケットは、オーバーシルエットやドロップショルダーなど、ゆるっとしたシルエットが今ドキっぽい。ALWEL×スポーツメーカーDESCENTEとのカプセルコレクションは、ステッチの入り方が斬新で、モコモコと表情豊か。
スカーフコート107,800円/SEEALL、左)ダウンジャケット74,800円/F/CE.、右)ダウンジャケット93,500円/ALWEL

この秋冬はチェック柄アイテムが大豊作

毎年、秋冬はチェック柄が多く登場するそうですが、今季はチェック=トラッドな印象を打ち破るエッジの効いたデザインが豊富だとか。
venitのトレンチコートは無地にチェック柄をパッチワークしたデザイン。中綿入りでふんわり暖かい。Barbourのコートはグレンチェックと千鳥格子があり。胸もとのビッグポケットやウエストベルトなど、アシンメトリーなデザインも新鮮です。MIOSOMKEYのパンツとシャツは、素材が違う上下をセットアップとして着るのがオシャレ。シースルーのシャツはこれからの季節、タートルをインして楽しみたいな。
パッチワークトレンチコート96,800円/venit、コート各64,900円/共にBarbour、シャツ41,800円、パンツ51,700円/共にMIOSOMKEY

SHIPS
南館3F
☎06-6359-2271
ベーシックな要素を大切にしながらも着る人の個性を引き出す洗練されたコレクションを提案。今シーズンはシックになりがちな秋冬コーデを彩るパステルカラーに注目。アイテムでは昨年に引き続きドロップショルダーやオーバーサイズのトップスがトレンド。アウターはそれに合わせてビッグシルエットや裏地のないリバーコートが人気です。

※11月12日時点での情報でございます。
※価格につきましては、特に記載のない限り消費税10%にて記載しております。
※営業時間を変更・休業している場合がございます。

最新の営業状況(営業日・営業時間など)については、下記よりご確認ください。

この記事で紹介した店舗