OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
秋の食卓を楽しむ グロサリーを買い出し

ケーキもワインもソースも、うめきた広場でそろいます

家で使う調味料やソース、おもたせのケーキにワインまで。
グランフロント大阪のうめきた広場なら、あちこち探し回らなくても
気の利いた多彩なグロサリーがひとつのフロアで買えるんです。

カボチャ×スパイスの大人なケーキ

ニューヨークパンプキンパイ
@THE CITY BAKERY
/うめきた広場B1

いつもこのお店では看板商品のプレッツェルクロワッサンを買うんですが、店頭の看板を見て、期間限定のパンプキンパイを買ってみました。
スタッフさんによると「アメリカが本店なので、ハロウィンやサンクスギビングデーなど、アメリカのイベントに合わせたケーキやパイが登場します。パンプキンパイもその一つで、ネットリとした濃厚なカボチャの味わいに、シナモン、ナツメグ、ジンジャーなどのスパイスを効かせたちょっと大人のケーキです」。
ホイップクリームが合うそうなので、家でやってみようっと。ホールでも販売しているので、手土産にも良さそう! ニューヨークパンプキンパイ1ピース410円、ホール2,808円(~11月25日)、プレッツェルクロワッサン356円(各消費税8%込み)

サツマイモや栗など旬の新商品も見逃せない

こちらの定番キッシュやマフィン、スコーンも、秋限定の商品がいろいろ出ていました。
ホロホロとした焼き菓子っぽい食感のマフィンにのっているのは大きめにカットした鳴門金時。鳴門金時のマフィン345円(消費税8%込み)
スコーンは生クリームが入ったしっとりめの食感。ゴロッと入った栗が贅沢です。栗とホワイトチョコのスコーン399円(消費税8%込み)
ゴロゴロとカボチャとサツマイモが入ったキッシュは、レーズンとローズマリーのトッピングが新鮮。カボチャとサツマイモのキッシュ518円(消費税8%込み)

生ケーキの種類が豊富になりました

ケーキ好きに朗報です。今年、新しくパティスリーの工房ができて、生ケーキが増えたそう!
「もともとケーキはあったものの、焼き菓子が中心でしたが、毎日パティスリーの工房から届くようになり、常時4~5種類になりました」と、スタッフさん。
モカレイヤーケーキはコーヒーが入った生地とクリーム、さらにトッピングにもコーヒー豆を使ったケーキ。マロンクリームタルトは、砕いた栗が入った2層のクリームがたっぷりのったもの。どちらもお酒の風味がほんのり。モカレイヤーケーキ アイリッシュクリームコーヒー594円、マロンクリームタルト626円(各消費税8%込み)
バリスタが淹れるコーヒーと共に、店内でいただくことも。

THE CITY BAKERY
うめきた広場B1
☎06-6359-2010
1990年にNYで開業し、2013年にオープンした日本1号店がこちら。セルフスタイルのカフェを併設し、ブレックファーストやランチも。お店によってパンの種類は異なり、こちらは食パンが8種類と豊富。朝7時30分からオープンしているのでモーニングにも。

パスタにチキンに…ワンランク上の万能ソース

ポルチーニソース
@DEAN & DELUCA
/うめきた広場B1

グロサリーの中でも重宝しているのがレトルトのソース。
特にDEAN & DELUCAのオリジナルは種類も豊富で、おうちで作るのは難しいワンランク上の味わいなので、おもたせや来客時にもぴったり。
お気に入りはポルチーニのプリペアード(調理済)ソース。オリジナルのレシピで作られた万能のベースソースは、チキンなどのメインの食材やパスタにかけるだけでおいしい一品に。香り高く、深いコクのクリームソースは、黄身を絡めればカルボナーラにも。ポルチーニソース(1人分×2袋入り)1,296円(消費税8%込み)
ソースコーナーの隣にはパスタも豊富にそろっているから、セットで買うことも多いです。

生ハムやソーセージなど冷蔵の食品もチェック

ワインを買ったときに、必ずチェックするのがこちらのお店の冷蔵コーナー。
メインの料理ができるまで、前菜としてサッと出せるチーズや生ハムが豊富です。スペイン産のハモンセラーノは、14カ月以上自然乾燥で熟成させたもの。マイルドな塩味だからサンドイッチにしてもおいしいです。ハモンセラーノ200gスライス1,296円(消費税8%込み)
気になったのが、イベリコ豚のミニソーセージ。「ピリッと辛いチョリソーと粗挽きの2種類あります。焼くだけでおつまみになりますし、冬はポトフやシチューにもおすすめ」と、スタッフさん。イベリコ豚入りソーセージ各810円(消費税8%込み)

おもたせには甘いものもおすすめ

以前定番のアメリカンクッキーをご紹介しましたが、おもたせにこちらのお菓子を選ぶことも多いです。
瓶入りのフルーツポンチは、いろいろなアレンジができてとても喜ばれる一品。ゼリーにしてもおいしいし、ワインに入れたら簡単にサングリアにも。クラシックフルーツポンチS、ミックスベリーフルーツポンチS各1,620円、クラシックフルーツポンチL2,484円(各消費税8%込み)
見た目にもカラフルでかわいいマカロンは、フランボワーズやピスターシュ、アールグレイなど6種類が入っています。マカロン1,512円(消費税8%込み)
DEAN & DELUCAといえば、オリジナルのバッグ。マチとポケット付きでコンパクトに折りたためるバッグは、グロサリーを入れるのにぴったり。ショッピングバッグ1,430円

DEAN & DELUCA
うめきた広場B1
☎06-6359-1661
オリジナルのグロサリーだけでなく、国内外から厳選した調味料や保存食、焼きたてパンまで幅広く扱う。おすすめコーナーには、ピスタチオクリームやキノコ商品など、流行から旬までスタッフが太鼓判を押す商品がずらり。

話題性も特別感もある新発売のシャンパーニュ

ルイ・ロデレール コレクション242
@ワインショップ・エノテカ/カフェ&バー エノテカ・ミレ
/うめきた広場B1

お目当ては10月1日に発売されたばかりのシャンパーニュの新作です。
それは“手仕事の芸術品”とも称される老舗メゾン、ルイ・ロデレールの「コレクション242」。今までは、以前ご紹介したことがあるブリュット・プルミエがこのメゾンのスタンダードでしたが、なんと35年ぶりに刷新。
「このコレクションというシリーズは、シャンパーニュのブレンド用に熟成させた原酒と、その年に収穫したブドウで造られるベースワインとをブレンドして造られます。その配合や品種は毎年変わり、今年は2017年のベースワインを使用、シャルドネが42%で、エレガントかつ生き生きとした味わいです」と、ソムリエのスタッフさん。箱のデザインもシックで、ハーフサイズも。コレクション242 375㎖4,400円、750㎖8,250円/共にルイ・ロデレール
カフェ&バーではグラスで飲めるので、味が気になる人は試してみて。コレクション242 グラス1,760円/ルイ・ロデレール

今、産地で選ぶならブルゴーニュを

その時期おすすめのワイン以外の定番商品は、産地や国ごとに棚に並んでいます。
価格帯も、棚の上部が高級で下にいくほどお手頃なので、選びやすいです。
スタッフさんのおすすめはフランス東部のブルゴーニュ。主に赤はピノ・ノワール、白はシャルドネの単一品種から造られていて、畑ごとに格付けがあるんだそう。ラベルの一番大きく書かれているのが村名で、白のモンラッシェ、赤のシャンベルタンは共に最高峰の村と言われているんだとか。(赤)ジョヴレ・シャンベルタン750㎖9,900円/ジャンテ・パンショ、(白)ピュリニー・モンラッシェ750㎖9,350円/オリヴィエ・ルフレーヴ
ワイン好きな方へのおもたせに覚えておこうっと。

キーワードは“ナチュラル”

分を添加しない“ノン・ドサージュ”のナチュラルなスパークリングに注目。
「ブドウのピュアな旨みが味わえて、和食などにも合わせやすいです」。アルマ・ノン・ドサート750㎖6,600円/ベラヴィスタ
ルイ・ロデレールも有機栽培の手法の一つ、ビオディナミ栽培を実践したり、ワイン界全体でも注目されている自然派の流れ。
「個人的に最近よく飲んでいるのは…」と、教えてくれたのはイタリアのレ・ラニャイエ。「トスカーナ州のブルネッロ・ディ・モンタルチーノはイタリアの3大赤ワインと呼ばれていますが、レ・ラニャイエは同じ地区でブドウを有機栽培し、発酵には天然酵母を使う若手醸造家の自然派ワイナリー。味にクセが少なく、本当においしいテーブルワインです」。ロッソ・ディ・モンタルチーノ750㎖4,950円、トロンコーネ750㎖2,750円/共にレ・ラニャイエ
また、こちらのショップは375㎖のハーフボトルだけを集めたコーナーもあるので、いろんな味を試したい方、いいワインを少しだけ飲みたい方は要チェック。

ワインショップ・エノテカ/カフェ&バー エノテカ・ミレ
うめきた広場B1
☎06-6359-1688
自社で輸入・販売するワイン専門店。11月中旬からはルイ・ロデレールの新商品が徐々に入荷するほか、多彩なスパークリングワインが充実する予定。併設のカフェ&バーでは、ショップにそろう約1,000種類のワインから選んで持ち込みが可能(別途抜栓料が必要、月曜は終日無料)。

※11月2日時点での情報でございます。
※価格につきましては、特に記載のない限り消費税10%にて記載しております。
※店内飲食とテイクアウトでは税率が異なります。詳細につきましては、各店舗までお問い合わせください。
※営業時間を変更・休業している場合がございます。

最新の営業状況(営業日・営業時間など)については、下記よりご確認ください。

この記事で紹介した店舗