OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
感謝を伝える 少しかしこまった贈り物

お世話になった上司や先輩へ、感謝の気持ちを込めて

転勤や引っ越しなど新生活が始まる春は、贈り物をする機会が増えますよね。
親しくしている目上の方へのギフトには、相手の好みに合った特別なアイテムや縁起の良い物を選ぶようにしています。
いつもより少しかしこまったシーンで、心を込めて贈りたいギフトをご紹介。

フラワーギフトは、センス溢れるボックスアレンジを

Season Arrangement BOX
@les mille feuilles de liberte
/南館B1

お礼や送別会などで渡すギフトの定番といえば花束ですよね。
最近は、吸水性のあるスポンジに花を生けたアレンジメントを贈る方が増えているそうです。
「花瓶を持っていなくても、そのまま置いて飾れるのがポイントです」と、スタッフさん。アレンジメントはバスケットなどもありますが、今回はお店のロゴが入ったおしゃれなオリジナルのボックスをチョイス。
チューリップやパンジー、ラナンキュラスなど、春らしい季節の花をピンク系でまとめてもらいました。「エレガントに」「グリーン多めに」などニュアンスのリクエストもOK。贈る相手の好きな色や花がわかればぜひ伝えて。Season Arrangement BOX 4,400円

長く飾れて楽しめるドライフラワーも種類豊富

こちらのお店では、仕入れたお花を冷蔵で保存するキーパーを置かずに店頭に飾っています。
そのため、近い距離でお花を見ながら選べるところもお気に入りなんです。
ふと見上げると、頭上や壁にドライフラワーにする途中の花がたくさん。長く飾って楽しめるとあって人気があるんだそう。
欧米ではドライフラワーが縁起の良いものとされているそうで、小さなブーケはカジュアルなギフトにぴったり。ほかに、かわいいスワッグやリースも充実していました。おうちにも飾りたいな。ドライ ミニブーケ1,100円〜、ドライ リース2,750円~※オーダーの場合は1週間程度かかることもあり

季節の花フェアや輸入雑貨もチェック

お店の一角には、春の花を集めたコーナーが。
「イベントや季節に合わせて、旬の花にフォーカスしたフェアもしているんですよ」とスタッフさん。
ちょうど訪れた時はチューリップフェアで、いろいろな種類や色のチューリップがそろっていました。
アンティーク調の店内に配されたおしゃれな雑貨は海外から輸入しているもので、販売もしているんだそう。
葉っぱの模様が入ったガラスのカップや脚付きのフラワーベースは、イタリアのEDGというブランド。
内側がメタリックカラーのリーフ柄カップは、キャンドルホルダーとしても使えます。リーフ柄カップ小990円、大1,540円/EDG
存在感のあるフラワーベースは、インテリアのアクセントにもぴったり。脚付きフラワーベース小10,400円、大14,300円/EDG

les mille feuilles de liberte
南館B1
☎06-6485-7839
パリに本店を構える生花店、レ ミルフォイユと提携したフローリスト。生花のほか、観葉植物やプリザーブドフラワーも扱う。グリーンと旬な花を組み合わせた1,000円前後の小ぶりな花束は、自分用に買って帰る人も多いとか。切り花は1本から購入可能。

上質で話題性もある今年発売の万年筆を記念に

パーカー51、パーカー51プレミアム
@伊東屋
/南館6F

“上質さ”にこだわる万年筆好きの先輩にぜひ使ってほしいと思っているのがこちら。
英国王室御用達ブランド、と言われていることからもその格の高さが伝わるパーカーの万年筆、パーカー51です。
「80年前に発売されたパーカーの歴史的名作が、2021年に進化を遂げて新コレクションとして登場したばかりです」と、店長さん。
このシリーズは、ペン先がステンレスの4色と、18金でキャップに彫刻を施したプレミアムが2色あり、特徴的なのが“フーデットニブ”と呼ばれる覆われたペン先。インクの乾燥を防ぎ、ペン先を保護する役割も。試し書きさせてもらうと、程良いしなりでペン先が安定しているので非常にのびやかな書き心地です。
万年筆は使うほどにその人のクセに馴染み“育ってくる”感覚になるそう。自分用にも欲しくなりました。パーカー51各13,200円、パーカー51プレミアム各36,300円

数量限定のギフトボックスで特別感もアップ

パーカー51のカラー展開はブラックとバーガンディ、ミッドナイトブルー、ティーブルーの4色。プレミアムはプラムとブラックの2色でより高貴な印象です。店長さんいわく「この気品のあるカラーリングや雰囲気が、海外の老舗メーカーらしさなんですよ」。
どれも重厚感のある色合いで、レトロモダンという言葉がぴったりです。
店頭には、パーカー専用ペンポーチ付きのロンドン柄ギフトボックス(数量限定)が。箱の絵は、世界の都市を描く英国のアーティスト、ロブペッパーの描き下ろしだそうです。※パーカー筆記具を12,000円以上(税抜)購入の方にプレゼント
パーカー51を飛行機に見立てたクラシカルなカード(数量限定)は、伊東屋の社長がデザインしたものだそう。購入した万年筆と同じカラーのものをもらえます。

ギフトに添えるメッセージカードも充実

プレゼントに添えるメッセージカードも買っておくことに。
飛び出す絵本のような立体的なものや、音が出るものなど、ユニークなメッセージカードがそろっています。
独自に海外で買い付けたものは、カラフルでデザインも豊富。サンキューカード440円
海外の絵本のようなイラストのカードはフランス人デザイナーによるもので、伊東屋オリジナルだそう。箔押しや凹凸感あるエンボス加工など、高級感のある仕上がりです。伊東屋オリジナル 多目的カード フライングシップ、ワールドトラベル各330円
「感謝を伝えたい」「新しい門出を応援したい」など、シチュエーションに合わせて選べますよ。

伊東屋
南館6F
☎06-6359-2263
東京 銀座に本店を構える明治創業の文房具専門店。万年筆やボールペンに特化したコーナーがあり、ペン先の調整などアフターケアも万全。筆記具のほか、革小物やノートの名入れサービス(有料)もギフトにぴったり。オリジナル商品も豊富。

定番ギフトのお箸は、デザイン豊富な桐箱で格上げ

先角 亀甲彫り 大、中
@兵左衛門
/南館5F

実は私のギフトの切り札として何度も利用しているのが、こちらのお箸メーカー直営の専門店。
今回選んだお箸は、亀甲を模した彫り模様が縁起が良いとされる亀甲彫りのペア。彫りが手にフィットして持ちやすい上に、箸先が角型で使いやすさも兼ね備えた形状になっています。
そしてお箸の種類もさることながら、こちらはギフト用の桐箱のデザインが素敵なんです。今回は、お箸に合わせて、六角形が連なる亀甲文様の桐箱にしました。亀甲文様の中に、夫婦円満の象徴とされるフクロウや、青海波や桜といった吉祥文様をあしらったもの。
淡いニュアンスカラーもおしゃれです。先角 亀甲彫り 大、中 各1,320円、桐箱1,980円

新生活を明るくしてくれる春らしいデザインも

店内を見ていたら、カラフルなデザインや素材で春を感じるお箸を発見。
新芽を思わせる和紙巻きの「ちぎり雲」は、箸先を無添加漆で仕上げた食洗機対応のもの。サイズ違いで淡いピンクもあります。ちぎり雲1,650円
春をイメージする植物といえば、桜ですよね。桜の木材を使ったお箸もありました。天然木なので、素材の風合いや微妙な色が1本ずつ異なります。けずり桜箸先漆 各1,980円
girlish(ガーリッシュ)というシリーズは、気分もテーブルも華やかになりそうな乙女な色使い。「きらきら陽の光」など、かわいらしいネーミングにも注目してみて。ガーリッシュ1,980円~

シンプルなお箸なら箸置きで遊び心を

お箸の専門店だけあって、箸置きの種類も豊富です。
兵左衛門のロゴマークでもあるひょうたんモチーフの箸置きは、茨城県笠間市で作られている笠間焼。KASAMA×MASAKA箸置き1個1,320円
シンプルな天然木の漆塗装のタイプも人気だとか。よく見ると1つひとつ木目が異なっていました。八四郎 箸置き1個440円
豆のような形のカラフルな長玉箸置きは、セットでギフトにしても喜ばれそう。単品でも販売しています。長玉箸置き5個セット1,650円(1個330円)、和紙ギフト箱275円

兵左衛門
南館5F
☎06-6371-1007
100%天然の漆しか使わない福井県小浜のお箸メーカーの直営店。代表作の「けずり箸」をはじめ、自然に正しいお箸の持ち方に導く「箸使い」や、分割して携帯する本格箸「八四郎」などアイデア商品も多数。大阪の直営店限定のオリジナル桐箱も。

※3月5日時点での情報でございます。
※価格につきましては、税込み表記の場合には特に記載のない限り消費税10%にて記載しております。
※営業時間を変更・休業している場合がございます。

この記事で紹介した店舗