OSAMPO!Days 歩いて見つけたかわいい&おいしいをご紹介。
-EDITORS BLOG-
心も体もポカポカ 寒い日に食べたいあったかグルメ

冬本番!おいしい温活メニューで、寒さを乗り切ろう

まだまだ寒さが続きそうな今年の冬。体の中から元気をチャージしたいですよね。
グツグツ、とろ~り…見た目もあったかくて、おいしいメニューをリサーチしてきました!

温かい季節そばの、やさしいだしでほっこり

下仁田葱と京揚げのそば
@手打ちそば 石月
/南館7F

体の芯から冷えるような寒い日のお昼、だしの香りに誘われてこちらのおそば屋さんへ。
迷わず選んだのが、今が旬である極太の下仁田ネギと九条ネギをたっぷり使った冬限定のそば。ネギと厚みのある京揚げは、炙っているからとても香ばしく、そばの風味を引き立てます。
京揚げは焼いた後にだしでひと煮立ちさせているそうで、外はカリッと中はジューシー。そして焼いた下仁田ネギの甘いこと!ネギと温かいだしのおかげで、食べ終わる頃には体がポカポカに。下仁田葱と京揚げのそば1,500円

そばもしっかり味わえるつけ汁メニュー

こちらで提供しているのは、伝統的な江戸流の二八そば。
そばは実のまま仕入れて、店頭にある石臼で毎朝その日使う分だけ挽き、職人さんが手打ちしています。実の水分の含有量や天候によって打ち方も変えているんだそう。
こだわりのそばをしっかり味わうには冷たい盛りそばが一番ですが、寒い日なら温かいだしのつけ汁そばがおすすめ。なかでもぜひ食べてほしいのが、旬の白菜やキノコと旨みが強い「匠味豚」を一緒に煮た冬限定のつけ汁そばです。最後はそば湯と一緒に、旨みが凝縮されただしも飲み干したいな。匠味豚と冬野菜のとろみつけ汁そば1,700円

そばの通な楽しみ方は、やっぱり日本酒

ランチにサクッと食べるのもいいですが、店主のおすすめは“蕎麦前”で一杯。
「いわゆる伝統的な江戸前そばの文化。まず最初に板わさなどのおつまみで日本酒を飲んで、シメにそばを食べることから“蕎麦前”と呼ばれているんです。通し営業なので、夕方の早い時間にそういった楽しみ方をされる常連さんもいますよ」。
そばの実の食感がいい自家製の焼き味噌は、厳選した日本酒と相性抜群。休みの日に“蕎麦前”をやってみたくなりました!菊姫 にごり(石川)1,050円、浦霞 本醸造(宮城)900円、奥の松 特別純米(福島)950円、石月の焼き味噌380円、板わさ600円

手打ちそば 石月
南館7F
☎06-6485-7571
東京や名古屋にも店を構えるそば店。大阪店のみ、醤油を効かせた江戸前風ではなく、粉砕したカツオでしっかりとだしを効かせた関西風のそばつゆに。そばは国産で、北海道や新潟など、一番状態のいい産地のものを厳選。夜は八寸から始まるコース料理もあり。

世界でも認められた十勝産ラクレットをアツアツで!

五日市かみこみ豚のラクレット掛け
@tokachi's market
/南館7F

アツアツでとろ~り…なチーズ料理を食べたくなるのは、やはり冬ですよね。
こちらで使用しているチーズは北海道・十勝が誇る本気のラクレット モールウォッシュ。2019年の国際チーズコンテストで金賞を受賞した逸品です。十勝産ミルクだけを使い、世界的にも希少な植物由来の有機物が溶け込んだ温泉“モール泉”を用いた独自の熟成方法で作られていて、芳醇な香りとまろやかな味わいに仕上げているのだそう。
その特別なラクレットチーズを、上質な脂身が特徴の帯広のブランド豚「かみこみ豚」と温野菜に、目の前でとろ~っと掛けてくれます。ジューシーな豚の旨みとチーズのコク、シンプルだけどやみつきになりそう!五日市かみこみ豚のラクレット掛け2,189円

十勝産食材にこだわったメニューがたくさん

十勝の名物と聞いて思いつくのが豚丼です。こちらのランチで人気の豚丼は、豚肉に炙りチーズをトッピングしたオリジナル。
シュレッドチーズにミルクを足してまろやかに仕上げたチーズが、豚肉を煮込んだタレによく合います。炙りチーズ豚丼1,045円(本日のスープとサラダ付き、ランチ限定)
十勝ラクレット モールウォッシュと並ぶもう1つの名物食材が、「とかちマッシュ」という十勝産のマッシュルーム。無農薬、化学肥料不使用の良質なマッシュルームは香り高く肉厚。油との相性もよく、グツグツ音を立てて運ばれてくるアヒージョは格別です!とかちマッシュと海老のアヒージョ858円
十勝産の厳選食材を使用した料理を、カジュアルにいただけるのがうれしいな。

白か黒か、選べる2種類のバスクチーズケーキ

1度見たら絶対に食べたくなるデザートが、北海道産クリームチーズと生クリームを贅沢に使ったバスクチーズケーキ。ホールのまま運ばれてきて、目の前でシングルからトリプルまで、好きなサイズにカットしてくれます。
こちらでは通常の“白”のチーズケーキのほかに、“黒”もあるんですよ。中まで真っ黒な“黒”の材料は食べてみてのお楽しみ!塩とハチミツが付いているので、味の変化を楽しんでみて。北海道チーズのバスクチーズケーキ白、黒(シングルサイズ)各440円
ドリンクのおすすめは、グラスになみなみと注いでくれるスパークリングワイン。写真映えすること間違いなしです!もちろんチーズ料理との相性もぴったり。こぼれスパークリングワイン白660円

tokachi's market
南館7F
☎06-6485-7606
北海道・十勝のチーズを主役にした、さまざまなメニューが楽しめるチーズバル。ワインやノンアルコールなど、チーズ料理に合うドリンクも種類豊富にそろえる。北海道羊蹄山コロッケやラクレットチーズ、チーズケーキはテイクアウトも可能。

体の芯から温まる鶏スープが新登場

タッコムタンセット
@韓美膳
/うめきた広場 B1

スンドゥブに石焼きビビンパなど、韓国料理は体を温めるメニューが本当に豊富。
こちらのお店に新しいアツアツ系のスープが登場したと聞いたので、早速食べてきました。
タッコムタンは、鶏肉と骨から取っただしを煮込んだ辛くないスープ。鶏の旨みが凝縮されていて、ひと口飲むごとに体に染み渡るよう。サムゲタンと違って骨がなく食べやすいんです。
ランチのセットには海鮮チヂミやチャプチェサラダ、ごはん、キムチも付いていて、ボリューム満点!韓国ではスープに豆板醤を溶かし、さらにカクテキキムチを入れて食べるんだそう。味に深みが出て、より温まりました。タッコムタンセット1,518円(ランチ限定)

韓国のあったかスープ、まだまだあります

韓国の代表的なスープも、もちろんスタンバイ。
サムゲタンは若鶏のお腹の部分にもち米や高麗人参、ナツメなどを詰めて長時間煮込んだ伝統料理。あっさりしていて食べやすく、疲れた時の滋養食でもあるんだそう。1人で食べるならハーフサイズもありますよ。サムゲタン(ハーフ)1,518円
ユッケジャンは牛肉とネギ、もやしなどの野菜を、唐辛子やラー油が入ったピリ辛スープで煮たもの。そのままでも汗が出るほどの辛さですが、「もっと辛く!」のリクエストも可能です。ユッケジャンスープ990円
この2つのスープはテイクアウト用のレトルトも販売中。おうちで本格的な味が楽しめます。サムゲタン レトルト1,425円、ユッケジャン レトルト681円(各消費税8%込)

定番の一品料理は、テイクアウトメニューもあり

こちらのお店は、1人でサクッと食べたい時も、仕事帰りに一杯でも、テイクアウトでも、といろいろな使い方ができるのもポイント。
海鮮チヂミや自家製キムチはおつまみとしても人気です。海鮮チヂミ(中)825円(テイクアウトは810円、消費税8%込)、キムチ3種盛り合わせ693円
韓国料理と合わせるお酒では、炭酸のシュワシュワ感が楽しめる生マッコリが一番人気だとか。友達と一緒なら4~5杯分入ったカメがお得です。生マッコリ(カメ)2,090円
帰りに気になったのが、テイクアウトコーナーに並べられた韓国海苔巻き、キンパ。和牛プルコギや豚キムチ、明太チーズなど5種類あり、カットされてパックに入っているのでお弁当代わりにもいいな。キンパ631円~(単品はテイクアウトのみ、消費税8%込)

韓美膳
うめきた広場 B1
☎06-6486-9505
スタイリッシュな店内でカジュアルに韓国料理が楽しめるレストラン。マッコリを使ったカクテルや韓国の焼酎、チャミスルなどのお酒メニューも豊富。セットメニューは17時まで提供しているので、遅めのランチにも。

※1月12日時点での情報でございます。
※価格につきましては、税込み表記の場合には特に記載のない限り消費税10%にて記載しております。
※店内飲食とテイクアウトでは税率が異なります。詳細につきましては、各店舗までお問い合わせください。

この記事で紹介した店舗