スポーツ

rericレリック

2012年に日本のサイクリストのために向けて誕生した「reric」サイクリストでもあり、アパレルデザイナーやパタンナーでもあった
rericの創設メンバーたちが日本人の体格に合い、かつ走るための機能とデザインに満足できるウェアが無いなか、
歴史あるヨーロッパのサイクルウェアブランドに負けない、質の高い製品を自分たちで作ろうとしたのがすべての始まり。

素材、生地、パターン、縫製といった研究し、商品作りをスタートしてから3年をかけて、
rericは日本のサイクルマーケットに登場をしました。

ブランド名のrericの文字一つ一つに意味があり、
「Enjoy Ride」
「Inquire of Run」
「Everyday Challenge」 の頭文字を組み合わせて、名づけられました