スタッフコラム

アクタス

「照明は空間の表情を決める
名脇役」

スタッフ田中さん

 ライトひとつで部屋の印象はがらりと変わります。日本の一般的なお部屋では、蛍光灯のシーリングライトのみでお部屋を作られる方が多いと思いますが、まずはペンダントライトに変えてみてください。家具の表情が変わるのをご実感いただけると思います。

 しかし、ペンダントライトのみでは生活する上での光量が足りません。そこで、床置きのフロアランプや充電式のポータブルランプで光を追加していただくようおすすめしています。作業をする時に使うもの、という印象があるかと思いますが、シェルフの中にポンと置いて光らせるだけで陰影が深まる優れものです。

「オブジェにもなるアートな照明も」

 リビングではぜひ、部屋のアクセントとなる形状のランプを。例えばアーチ状のランプをソファの後ろから前に向けて置いてみるのもいいですね。個性的な形状のフロアランプは、照明器具としてはもちろん、昼間もオブジェとして目を楽しませてくれますよ。空間をより奥深く見せてくれる照明は、インテリアの中で重要なアイテムだと思います。