★大阪野菜を応援!泉州菊菜★

泉州菊菜と西京味噌のブッラータ \900

1/15(金)より、地元野菜応援の取り組みの一環として、泉州菊菜と西京味噌のブッラータを期間限定で販売いたします!
お鍋には欠かせない存在ですが、実はチーズと合わせたりサラダで食べたり、洋風に調理してもとっても美味しい菊菜。

当店では、ペースト状にした泉州菊菜に西京味噌をあわせたフィリングを自家製のモッツァレラチーズで包み、ブッラータに仕上げました。
西京味噌のコクと香りが加わることで、フレッシュなブッラータのミルク感が熟成感あるチーズの香りと深い味わいに変貌し、さらに菊菜のさわやかな香りをお楽しみいただけます。

【商品情報】
泉州菊菜と西京味噌のブッラータ(テイクアウトのみ)
価格:\900(税込み)
販売期間:2021/1/15-3月末

?泉州菊菜(=春菊)とは?
実は生産量が全国でも1,2を争うほど、地元大阪の野菜を象徴する存在のしゅんぎく。
関東では秋に咲く菊に対して、春に花が咲くから「春菊」と呼ばれますが、大阪では葉を食べる菊なので「菊菜」と言われています。
なにわの冬の鍋物には欠かせない野菜で、カルシウム等の無機質やビタミンAを多く含んだ緑黄色野菜です。

★関西と関東のしゅんぎくの違い★
東西で呼び名の違うしゅんぎくですが、葉の小さいものから大きいものまで様々な種類があります。
関東では葉に厚みがあり、ふちの切れ込みが深く、茎が立つ中葉種が主流です。
一方、大阪では同じ中葉種でも、生育しても茎が立たず、株が横に張っている「株張り」型が定着しています。
その理由は少しでも鮮度を保つため、根付きで出荷できるからです。


参考:大阪府HP
http://www.pref.osaka.lg.jp/nosei/naniwanonousanbutu/tokusanhin.html


1/15(金)~3月末頃までの期間限定での販売です。
ぜひ大阪地元の旬の野菜を使ったシーズンブッラータ、一度お試しください!

ショップキャンペーン
  • 開催期間
    備考
    季節の商品のため、販売終了日は前後する可能性がございます。
南館 2F
Re-Life ON THE TABLE
店舗詳細はこちら