ショップリスト/ショップインフォメーション

  • BEAUTY & SERVICE
  • 北館 5F

保険代理店保険テラスホケンテラス

営業時間 10:00〜21:00
電話番号 06-6485-7071

生命保険・損害保険30社以上を取り扱う保険ショップです。
ご加入中の保険の見直し、保障内容の確認、新規のご加入まで承ります。
「保険のことが全く分からない」という方も安心してご利用くださいませ。ご相談は何度でも無料です。
上質な空間でご自身のライフプランを考えてみませんか?

ショップ最新情報

  • 2017.12.12 UP
  • new

~差がつくポイントはここだった!~
出産にかかるお金の話

ご予約はコチラ:http://hoken-eshop.com/shop/grandfront_osaka/
※週末は混雑が予想されますので、ご予約の上ご来店されますと待ち時間なくご相談いただけます。


—*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
新しい命を授かることは、とてもおめでたいこと。嬉しい反面、出産に備えて色々と準備をすることが多く、初めて授かる方は心配ごとも多いのではないでしょうか。
最近では帝王切開で出産する方も増えてきており、「出産時、どれくらいお金がかかるのか」は、ママたちの不安の一つ。
通常、出産は病気と異なるため保険適用外となり、病院によって金額も異なります。「出産してお金が戻ってきた!」「予想以上にかかった…」など、人によって差があるのもこのためです。

家族の一大イベントである出産。環境・タイミング・出産方法などで、その金額は大きく変わってきます。ママが安心して出産できることが大前提ですが、「一通り終わって請求額にびっくり!」という事がないよう、事前に確認できるところはぜひ一度確認しておきましょう。


——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——

  • 2017.12.05 UP
  • new

~保険からのお知らせ~
ご相談の流れ

ご予約はコチラ:http://hoken-eshop.com/shop/grandfront_osaka/
※週末は混雑が予想されますので、ご予約のうえご来店されますと待ち時間なくご相談いただけます。
当日のご予約も承ります!お気軽にお問い合わせください。

—*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
【保険テラスでのご相談の流れ 】

お客様にとって最良の保険選びにこだわり続けています。
ご満足いただけるまで一緒に考え、お客さまだけの最良の保険プランをご提案いたします。どのようなお悩みでもお気軽にご相談ください。

1. ご予約・ご来店

保険テラスはお客様の生活圏内にありますので、いつでもお気軽にご来店ください。
ご利用は何度でも無料です。 気になったその時に、いつでもお気軽に保険テラスにご相談ください。


2. ご相談

お客さまの今後のライフプランを共に考え、実現していくことが私たちの使命です。「加入中の保険で大丈夫か」「本当に必要な保険は何か」など、どのようなお悩みでもかまいません。 まずは、現在の状況とこれからのライフプランをヒアリングするところからスタートします。
≪お持ち物≫
・保険証券 本人確認書類
・クレジットカードまたは口座番号が分かるもの
・印鑑(認印)


3. ご提案

数ある保険商品の中から、お客様だけの保険プランをご提案いたします。もちろん、ご納得されるまで何度でもじっくりお話させていただきます。 (保険テラスは、保険会社との資本関係がない独立店舗のため、30社以上の保険会社のなかから、納得のご提案をいたします。)


4. ご契約後のつながり

保険金・給付金の受け取りや、住所変更のお手続など、ご契約後もお気軽にご来店ください。

——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——

  • 2017.11.28 UP
  • new

~医療費を抑えるための5つのポイント~
ちょっとした心構えで医療費節約!

ご予約はコチラ:http://hoken-eshop.com/shop/grandfront_osaka/
※週末は混雑が予想されますので、ご予約の上ご来店されますと待ち時間なくご相談いただけます。


—*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
医療費を抑えるための5つのポイント

その① かかりつけ医をもちましょう

病気やケガをしたときに、家の近くの診療所(ベッド数20床未満)にすぐ相談できる医師(かかりつけ医)をもつことが、医療費節約の第一歩となります。
待ち時間も比較的短く、どんな病気でも診てもらえるというメリットがあるほか、長く通っていると病歴や経過をふまえたアドバイスを受けられます。
その② 軽い病気や怪我の場合は大病院に行かない

風邪を引いたり、軽い怪我をしたときに、直接紹介状なしで大病院で診察を受けようとすると、初診料に5,000円(歯科の場合は3,000円)以上の「特別料金」が加算されることになります。
この特別料金は全額自己負担となります。

その③ 受診する時間には注意しましょう

仕事の都合や、夜中の急な発熱などで、休診日や診療時間外に受診する際は初診料や再診料に加算がつきます。
急を要さない場合は、なるべく時間内に受診することをおすすめします。

その④ 「はしご受診」は避けましょう

別の病院にかかると、同じ検査や治療を再び受けることになったり、初診料・検査料・薬代等も改めて支払うことになるため、医療費が大幅に高くなってしまいます。
症状がなかなかに改善されなかったり、治療方針に不安がある場合は、病院を変える前にかかりつけ医にきちんと相談し、意向を伝えることをおすすめします。

その⑤ ジェネリック医薬品を活用しましょう

開発費がかからない分、値段を安くできるため、ジェネリック医薬品を使用すれば、ほぼ同じ効能で薬代を節約することができる場合があります。

健康に気を使いながら、目的に沿って受診し、医療費の負担を減らしましょう。

——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——

  • 2017.11.21 UP
  • new

~お金と上手に付き合うためのポイント~
無理なく、楽しくお金が貯められる「仕組み」作りを始めよう!

ご予約はコチラ:http://hoken-eshop.com/shop/grandfront_osaka/
※週末は混雑が予想されますので、ご予約の上ご来店されますと待ち時間なくご相談いただけます。


—*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
今後の人生で、「何に」「いつ」「どれくらい」お金がかかるか、想像したことはありますか?また、ご自身がわくわくする目標や夢に対して、どれくらいお金がかかるかはご存じでしょうか。
「将来のために」と目的のない貯金をしていて、今いくらあれば安心なのか、これからどれくらい貯めないといけないのか、ゴールを把握していないという方もいらっしゃるかもしれません。
いつまでにどれくらいのお金が必要なのか、明確なゴールがあれば、「目標に向けて順調に貯まっているのか」「もう少しペースを上げて貯金しないと足りないのか」「貯金以外の方法(ローン、選択肢の変更など)を検討するべきか」を把握することができます。また、思いがけない出費が重なるピンチも避けることができます。

日常生活でムダを減らすことも大切ですが、より効果が高いのは「固定費」の見直しです。「固定費」とは、保険料や家賃など、毎月自動的に引き落とされていく費用のことです。たとえば、携帯料金を見直して月に2,000円節約すると、年間で24,000円もの節約になります。
また、生命保険も長期で加入することが多いため、見直し効果が大きい固定費です。加入中のプランを見直して、何のためにいくら払っているのかを確認することから始めてみましょう。

お金を貯める上で大切なことは、「今から」スタートすることです。最初はわずかな額からでも、確実に貯蓄できる仕組みを作り、無理なく、楽しくできる貯蓄をスタートしていきましょう。

——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——

  • 2017.11.21 UP
  • new

~定期的な見直しが大切~
お子様が生まれたら、保険を見直しましょう。

ご予約はコチラ:http://hoken-eshop.com/shop/grandfront_osaka/
※週末は混雑が予想されますので、ご予約の上ご来店されますと待ち時間なくご相談いただけます。


—*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——
子どもができるということは、守るべき家族が一人増えるということです。大切な家族を守るための必要保障額が大きく変わるため、妊娠・出産を機に保険の見直しましょう。

子どもができたときの生命保険の見直しポイント

ポイント① 家族が増えると必要保障額が増える

子どもができると、世帯主に万が一のことがあったとき、残されたご家族の生活費や、お子さまの教育費をまかなうための必要保障額はこれまで以上に重要になり、金額も高くなります。
お子さまが18歳になるまでは遺族年金が支給されますが、遺族年金の支給額は職業や年収、お子さまの人数によって異なります。必要保障額から遺族年金や配偶者の収入を差し引いた額を、万が一の保障額として生命保険等でしっかりと確保しておきましょう。

ポイント② もしものときの保障は世帯主だけでなく配偶者にも

お子さまが生まれたときには、世帯主だけでなく配偶者の保障についても考えておく必要があります。
例えば、専業主婦の場合でも、育児や家事を担う奥様に万が一や病気・ケガでの入院があると、ご主人さまに時間的・体力的に大きな負担がかかることになります。場合によっては、転職しなければならなくなったり、ベビーシッターを雇ったりする必要が出てくることも。
もしものことがあった際に、親族など頼れる相手が近くにいるのか、家事・育児をしながら今の仕事を続けていけるのか等、実際の状況を想定して保障を見直しておきましょう。

ポイント③ 医療保険は妊娠中でも加入できる

妊娠中の医療保険への加入は不可能ではありませんが、加入条件がつく場合があります。
加入条件の有無や条件の内容は保険会社によって異なりますので、保険テラスへお問い合わせください。


——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——*…*——

ショップリストへ戻る

MOBILE SITE ケータイでQRコードを読み取ってください。

このページの上まで戻る