ショップリスト/ショップインフォメーション

  • FASHION & FASHION GOODS
  • 南館 1F

レディスDRAWERドゥロワー

営業時間 10:00〜21:00
電話番号 06-6359-1558
対応カード おさんぽカード

2003年8月、「ドゥロワー」が青山の骨董通りにショップをオープンしてから今年で10年を迎える。以来、心斎橋、福岡と主張都市へ出店。2013年4月26日にオープンした梅田店を含め、現在までに全国で7店舗を構えるに至った。
「ドゥロワー」の名は、"引き出しの上段に上質な物を入れた"という英国の古き良き慣習に由来する。表層的な流行にとらわれず、歴史や伝統に裏打ちされた本質的な価値を追い求めること、齢を重ねるごとに魅力を増す大人の女性、すなわち品格を大切にする人たちにふさわしいワードロープを作ること、つねに新しさが求められるファッションの世界で、刹那的ともいえる高揚感と普遍性を共存させようとする試みは難しいが、よりエレガントによりデリケートに服作りに取り組むことによって、「ドゥロワー」はつねに新しい女性像と独自の世界観を追求してきた。そのクリエイションは、生地の製作から始まり、アイテムによって紳士服の伝統的な仕立て技術を応用したマスキュリンなテーラリング、女性らしさを演出する立体感を重視したパターンといった具合にイメージに即した方法で作られていく。もちろん、生地やデザインだけでなく、裁縫も同様にその仕上がりのイメージに応じて方法が選択される。
しかし、「ドゥロワー」の服は、あまり多くのことを語ることを好まない。建築家のミース・ファンデル・ローエが残した言葉に「レス・イズ・モア(Less is more)」という有名なフレーズがあるが、より少なく語ることはより多くを語ることであり、いくらその工程が複雑で、背景に蘊蓄があったとしても、服をまとう人の感情を揺さぶる美しさがなければ、何の意味もなさないと知っているからだ。¬  日常着であれ、非日常へと誘うドレスであれ、やはりファンタジーのない洋服はつまらない。最新のクリエイションでありながらも、女性たちがいつまでも宝物のように愛し続けたいと思えるエモーショナルな服。そして、瞬間を永遠に変える、魅惑的な引き出しを作るために。

ショップリストへ戻る

MOBILE SITE ケータイでQRコードを読み取ってください。

このページの上まで戻る